京都と聞くと色白でおしとやか、口調も優しく穏やかな女の子が多いとイメージしてしまいますが、実際はどうなのでしょうか?
京都の人気キャバ嬢の特徴をいくつかあげてみたいと思います。

これから京都のキャバクラで働きたい方、キャバクラに興味のある方、参考にしてくださいね。

色白で綺麗な女の子が多い


京都のキャバクラは、和風を前面に押し出したお店が他のエリアに比べてかなり多くなっています。
京都は日本の美や伝統を象徴するエリアですし観光客も多いため、あえて和風をウリにしているのですね。

そんな京都のキャバクラで働く女の子は、全体的に見るとかなりの色白
一時期、日焼けした肌に濃いめのメイクが流行りましたが京都には色黒の女の子は少なめ。
とくに男性客を相手にするキャバクラで、不潔な印象を与えるガングロギャルは全くウケません。

今のキャバ嬢の主流は肌   は清潔感を与える白い肌、髪型   はゆるいウェーブのロングヘア、金髪など明るい色ではなく黒や茶色系が基本。
カラーコンタクトを使用している女の子もいますが、いかにもアメリカナイズされた金髪に青い瞳の女の子はほとんどいません。

京都のキャバ嬢としてウケがいいのは、やっぱり和風美人なのです
外人風のメイクやアニメのキャラクターのような奇抜な髪型は、思いきり敬遠されるので注意してくださいね。

なかにはアニメコスプレをウリにしたお店もありますが、そうではない普通のキャバクラで奇抜な格好は控えましょう。
個性を出そうとして浮き上がってしまうと、意味がないどころか逆効果です。

京都キャバクラ店は上品


京都のキャバクラ嬢はお店の雰囲気や個性にもよりますが、上品な印象を与える女の子が多いです
特に高級店にはその傾向が強くなります。
一度に使うお金が5万円、10万円のお店では、やはりキャバ嬢の品格や立ち居振る舞い、美しさがかなり重視されるのです。

京都は観光客が年間に5000万人以上押しかける一大観光地。
京都のイメージ自体もかなり良いので、お店の雰囲気も京らしさをとても大事にしています。
他のエリアではあまり見られない和装美女が多いのも特徴です
着物姿の和風美女が集う京都のキャバクラは、やはり上品さがあります。

この京都らしい趣、美しさを求めてやってくる方も実際にいます。
観光客だけではなく出張で京都へやってくる男性客は「京のキャバクラで癒されたい」と思っている方も少なくないんです。
京都府のキャバ店は一種の癒しスポットなのかもしれませんね。

京都弁は可愛いらしい


京都弁を耳にされたことがある方、とくに京都以外のエリアに住んでいる方は京都弁「とてもかわいい」と言われます。
「いらっしゃいませ」ではなく「おいでやす」と言われると何だかこっこりするんです。

京都弁はその話し方も穏やかで優しいので、特に男性からはウケがいいんです。
「おきばりやす」と笑顔で手を振られたら「よし!明日も頑張ろう!」と思えるから不思議。
京都のキャバクラが癒される理由は、キャバ嬢の雰囲気やルックスだけではなく話し方にもあるんですね