キャバクラにはつきもののアフターや同伴ですが、この時、キャバ嬢はどのような服装でお付き合いすればいいのでしょうか?
キャバクラ店内ではドレスや派手めのスーツが定番ですが、そのままの格好で外を歩くわけにはいきません。

このページでは、同伴やアフターの時の服装についてまとめています。
参考にしてくださいね。

同伴やアフターは営業活動の一環


京都のキャバクラだけではないのですが、キャバクラは基本的に女の子自ら営業して固定客を掴み、何度もお店に来てもらうシステムです。

太客を掴むため、また一人でも固定客(ファン)を開拓するために仕事が終わっても顧客と食事やドライブ、デートをして相手の心を掴まなければなりません。

この時頭が痛いのが服装
店内では華麗なドレスに身を包み顧客の視線を浴びるキャバ嬢が、外出時にどのような服を着こなすかはかなり重要です
私服がダサいと一気に興ざめですし、顧客は高級店に連れて行ってくれる方が多いのでTシャツとGパンではドレスコードに引っかかって食事が出来ません。

同伴やアフターは大事な営業の一環なので、行動しにくい服装や非常識な服装は避けた方が良いです
無難な服装は少し華やか系のスーツスカート丈短めワンピースミニスカートにブラウスなど高級店に出入り出来るような服装をまずは心がけましょう。

では具体的な服装を次の項目でまとめます。

同伴やアフター時に適切な服装は?


同伴やアフターは顧客との店外デートという意味もあるので、ラフすぎる服装(ジャージ上下やTシャツ、Gパン)は絶対避けるべきです
出来るだけフォーマルな場(高級レストラン)にも入れるように、ある程度カッチリした服装を心がけると良いです。

女性らしさをアピールしたいなら、清楚な印象のワンピースがお勧めです。
ただキャバ嬢なので色気は忘れないでください。
ちょっと胸元が開いたワンピースやスカートの丈が短いものを選ぶとお客様も喜びます。

キャリアウーマンや学生、主婦など一般的な女性と同じような服装でも構わないのですが、それでは顧客に非日常を感じさせることが出来ません。
そこでミニスカートやシフォンブラウスなど華やかさを感じさせる服装を取り入れると良いです

服の色もピンクなどパステル系のふんわりしたものから、黒系のシックな色合い、ブルー系の清楚な色使いなどその場の状況に合わせて選びましょう。
同伴する方に「どんな色が好き?」と聞いてみるのも良いかもしれません。
「俺の好みの色になってくれる」と感激してくれるかもしれませんよ。

自分の個性や好みを爆発させるキャバ嬢もいる


同伴やアフターで着る洋服は顧客の好みやドレスコードのあるお店の事をしっかり考えて選びたいですが、中には「私服くらい好きな物を着たい」と我が道をゆくキャバ嬢もいます。

同伴やアフターではゴスロリ系やストリート系など個性のある洋服、好みの世界を突っ走るのも悪いわけではありません。
ドレスコードに引っかからないようなお店を選べばそれで良いのですから